ブログ

ブログをWordPressに移転。有料テンプレート「JIN」は使いやすいのでおすすめしたい

こんにちは、Aya(@aya_haseko08)です。

4月に約2年間お世話になったはてなブログからWordpressに移転しました。

WordPressに移転する際に決めていたのは有料テンプレートにすること。

どれにしようか悩んでいた時に、今回私が紹介する「JIN」というテンプレートが新しく出てきました。

制作されたのは、アフィリエイト界で有名なひつじさん@hituji_1234とWeb開発をされている赤石カズヤさん@cps_kazuyaです。

様々な人たちが「JINいいよ~」というツイートを見ているうちに自分もいいなーと思い、色々悩みましたが最終的にはJINを選びました。

けれども、今はJINを選んで良かったなーと思っています。

Ayaさん
Ayaさん
というわけで、今回は有料テンプレート「JIN」をとことん紹介しちゃいたいと思います。

有料テンプレートJINはこちら

なぜ、有料テンプレートにしたのか?

はてなブログやアメーバブログなどであれば無料で始めることができるのですが、Wordpressでブログを始めるとなるとサーバーを借りなければいけないため有料となります。

お値段もピンキリで月800円~1000円くらい+初期費用という感じです。

それだけお金がかかるので、少しでも費用を抑えたいというので無料のテンプレートを利用する人も多いかと思いますが、私はあえて有料テンプレートを選ぶことにしました。

なぜ、有料にしたのかというと以下の通りです。

  • デザインがおしゃれ
  • 有名なブロガーさんが利用している
  • カスタマイズが楽

他に有名なところでいいますと、「STORK」「SANGO」「SWALLOW」は有名ブロガーさんも結構利用されている人が多いです。

STORKなどを扱っている「OPENCAGE」さんのサイト

私もはてなだけでなく最近はWordpressで作られたブログをよく読むようになりましたが、まずデザインがかっこいいんですよね。

開いたときにフワッと出てくるトップページがすごくかっこいいなと感じたので。

もし、Wordpressでブログ作るなら絶対有料にしよう!!

と思いました。

JINを利用して感じたこと3つ紹介

HTMLやCSSの知識がなくてもカスタマイズ可能

私は3月まではてなブログで書いていたのですが、はてなブログの場合デザイン項目からCSSやJQueryを入れていく形でカスタマイズを行っていました。

Webについては10年くらい前に少し勉強してきたこともありましたがあまり覚えておらず、とにかくGoogleで…

「はてなブログ デザイン おしゃれ」

と検索しまくって、そこからソースをコピペしてカスタマイズしていました。

ただ、これって正直すごくしんどいんですよね。

PCの知識がある人ならスイスイこなせますが、全く知識ない人ってとてもじゃないけど大変じゃないかなと思います。

ところが、今回JINを入れてみてそのカスタマイズが簡単にできるようになりました。

こんな感じで、選択すればいいだけなので今までの苦労はどこ行ったんだ?と感じました。

吹き出しやボタン機能などがボタン1つで設置可能

さっきのHTMLとCSSの話とかぶりますが、最近ブログでよくこんなもの見かけませんか?

吹き出しとか

「あわせて読みたい」「チェック!」みたいなボックス

マーカー

そして最近は、表という名のテーブル(HTML時代にサイト作っていた人間からは懐かしい)

これらが全部ボタンやリストボックスから選択すればポンと入れてくれます。

Ayaさん
Ayaさん
一部の機能は少しタグをちょこちょこ変えないといけませんがその辺りはJINのマニュアルやググってみれば何とかできます。

ちなみに、はてなブログ時代は

「はてなブログ 吹き出し」

で検索してHTMLやCSSのソースをコピペして、次も利用するのであればその記事からHTML経由で探してコピペしていました。

Googleアドセンスなどの広告設置が簡単

ブログでよく見る、Googleアドセンスなどの広告バナー

はてな時代は指定の場所にGoogleアドセンスなどの埋め込みタグを入れるのですが、どうしてもブログ記事の真ん中に入れる方法がわからないというかうまくいかなかったので結局あきらめたんですね。(ちなみに真ん中に広告を入れたほうがクリック率が高くなるみたいです)

ところが、JINは広告管理というところに埋め込みタグを入れたらきちんと記事の中央辺りに設置してくれます。

さすが人気アフィリエイトさんの考えが凝縮された感じがしました。

有料テンプレートJINはこちら

JINを利用して気をつけたほうが良いことを2つ紹介

さらりと説明します。

テーマカラーの選択に注意

今回、Wordpress移転に合わせて目次をTable of Contents Plusというプラグインを利用して設定しました。

がしかし、目次の設定の際、文字色の設定で手こずってしまいました。

テーマカラーというのがあるのですが、最初は「白」にしていました。

ところが、目次の文字が出てこなくて???と思いました。

何でなんだ!と思い色々調べてみたら、目次の文字色はテーマカラーから取っていたことが判明しました。

それに気づいた私は、テーマカラーを白→濃い緑に変えました。

そしたら、無事に「目次」のことばが出てきました。

値段が高い

こちらのJINのお値段は14000円くらいします。

ちなみに、人気の有料テンプレートの「STORK」などは10000円くらいなので4000円の差です。

しかし、使いやすさやSEOの面で考えたら悪くない値段ではないでしょうか?

反対にお金をかけたからこそ、ブログ一生懸命がんばろうという気持ちになるのではないでしょうか?

さいごに

WordPressを始めたばかりで、しかもいきなり有料テンプレート「JIN」を利用したので無料テンプレートはもちろんのこと他のテンプレートを比べることはできませんが、とにかく私が言いたいのはこんな感じです。

良いところまとめ
  • ブログの更新がしやすい
  • ユーザー視点からみてもおしゃれで使いやすい

JINのキャッチコピーとして「読む人も書く人もすべてを考え抜いたデザイン」と書かれていますが、まさに使いやすいし読みやすい設計になっています。

お金を稼ぐブログやホームページを作る際、最低でも

  • Webライティング
  • SEO
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • デザイン

の知識が必要になってきますが、JINみたいな有料テンプレートを使えばまずHTMLから下はやってくれますので、その分上にあるWebライティングとSEOの勉強に専念することができます。

稼ぐためには、まずブログをたくさん更新してユーザーさんのためになる記事を作っていくことが大事になりますので、初心者の人でブログやアフィリエイトでお金を稼ぎたい人は値段は高いですが有料テンプレートJINも検討してみてはいかがでしょうか?

有料テンプレートJINはこちら

おまけ:JINを使った私のサイトはこんな感じです

スマホ版になってしまいますがはてな時代はコチラ

そして、リニューアルしたWordpressブログはこちらです

Ayaさん
Ayaさん
自慢じゃありませんが、JINには6つのデザインテンプレートがありますが私はそれを使わずにデザインしました。
それでも一部まだアイキャッチがなかったりする部分もありますがこれからどんどんリライトも含めてカスタマイズしていきたいと思います。