就職・転職

学校行きたくない…学校って何のために行かなきゃいけないのか考えた

f:id:aya-haseko:20160612181526j:plain

学生時代は学校へ行きたくないとよく思っていましたAya (@aya_haseko08) です。

そして今は仕事行きたくない…と思っています。

ところで、学校と会社って何か似ていませんか?

最近思うのですが、学校って会社で働くための訓練にあるんじゃないかなと感じませんか?

そう思う理由について今回は書いていきたいと思います。

学校行事と会社で働くことの共通点

学校と会社について自分なりに紐つけてみます。

  • 授業=ルーティンワーク
  • 修学旅行=社員旅行
  • 運動会・文化祭=社内行事
  • 部活=社内サークル
  • クラス替え=人事異動

これを読んでいる人がまだ中学生や高校生の人であればパッと想像できないかもしれませんが大体こんな感じでしょう。

学生時代は普通であれば、めんどい授業受けて運動会や文化祭の出し物でチームワーク組んでワイワイ楽しんで、修学旅行で先生の目を盗んで夜ふかし…クラス替えは大好きな友人と別れ新しい友人を作る。

部活で共通の友人をつくり3年間楽しい思い出とともに卒業。という感じですよね。

私の場合は、授業は普通に受けて教室移動や休み時間はほぼ一人で過ごし、運動会や文化祭はあまり関わらず、修学旅行の夜はさっさと寝てw、クラス替えで新しい友達を作るのも苦労しました。

ただ、全くいい思い出が無いわけでもなくはみ出し組の人たちとそれなりに仲良くなって頑張って卒業しました。

企業に入ると上下関係が当たり前

これは運動部に入っている人にとっては有利だと思います。

会社は結局先輩がいて上司がいて1年経ったら後輩ができ…という感じですね。

そしてそこで気配りなどを学んでいくみたいな…。

高校生であればバイトでもいいですね。

なので帰宅部ではなくやはりバイトや部活などやったほうが有利だと私は思います。

就職試験にもアピールできるし。

実際、私も職場に入って後悔したことは上下関係が学べなかったことです。

どちらかというと下っ端のくせに生意気な態度ばかり取っていたのかなと思います。

じゃあ学校を楽しめてない人は会社員になれないの?

いや、そんなことないですよ。要は考え方次第です。

あなたが学校に行っていた際、どんな風に考えていましたか?

  • 友達と一緒に辛いことも苦しいことも乗り越えて過ごしていた
  • とりあえず卒業しないと今後の人生に影響してしまうから嫌々だけどがんばろう

かなり極端ですが、ほとんどの人が前者でしょう。

でも私は後者の考えで学校に行っていたのです。

だって、最低でも高校卒業しないと就職とか求人の枠って広がらないじゃないですか。

しかし、その影響もあり社会人生活は痛い目に遭いました。

職場のコミュニケーションがうまく取れず、仕事もおかしいな?と思ったら先輩のいう事きかずそのまま自分なりに工夫してやったりと…。

その影響で孤立してしまうことがほとんどです。

本当に辛いです。みじめです。

これはどの雇用形態でもいえることですが結局仕方なくやっていると仕事も雑になってしまうのです。

そしてそれが後にミスやクレームの原因になったりして風当たり悪くなってしまうのです。

なので、やはり今の現状を受け止めて仕事を前向きにきちんとやり遂げることが大切なんだと私は感じました。

学校はこれから就職するための訓練と思ったほうが良い

学生時代に勉強したこと(英語や数学)って就職してからはほとんど活かされていません。

反対に部活や学校行事など積極的に活動していた人はチームワークやコミュニケーションなど活かせることがたくさんあったのではないかと思います。

私も実際企業で働いたことあるのですが、どちらかというと学生時代リア充だった人はすごく仕事をうまいこと回している印象を感じました。

訓練というと厳しい感じになると思いますが、学校行ってしんどいなと思ったらいかなきゃいいと今は思います。

今は就職だけがお金を稼ぐ手段ではありませんからね。

しんどいけど、フリーランスだったり投資で稼ぐ人だっているのですから。

ただ、就職を選んだ場合は学校生活で学ぶようなチームワークやコミュニケーションが必要になりますので。