メンタルヘルス

人間関係に悩む人へ。一度自分の関係を見直してみてはどうでしょうか?

自分のことをわかってほしい…

今あなたは、大切な恋人や友人、家族だけでなく

クラスメートや職場の人たち、部活の先輩後輩など

関わっている人全員となかよくしなきゃいけないと思っていませんか?

そんな感じで人間関係に悩むのであれば、一度見直して整理してみませんか?

どうも、Aya (@aya_haseko08) です。

私もずっと、自分が関わっている人全員に自分のことわかってほしいと思っていましたがある本を読んだきっかけでその本を見直すようになりました。

本のタイトルは「それでいい」

ツレがうつになりましての著書でおなじみの細川貂々さんの作品でネガティブな自分を受け入れると楽になるという内容の本です。

その中にあるコミュニケーションの取り方についての内容が良いなと思ったので今回この記事を読んでいる皆さんに紹介したいと思います。

みんなとなかよくする必要はない

人間関係って、自分と関わりのある人みんなに同じ深さでつきあっていかなきゃいけないと思いこんでいる人もいますが、それってしんどくないですか?

どうしても話が合わない人もいるし自分のこと気に入らない人って必ずしもいますよね。

そういう人たちまで、自分の悪いところを知ってもらっても結局は逆効果で余計相手の思うツボになってしまいます。

自分が仲良くしたい人だけ自分のことを打ち明けておけばあとは浅い関係でつきあっていくのが一番楽なのではないでしょうか?

例えばこちらの図

  • 真ん中の円には、家族、恋人、親友一人か二人くらい
  • 二番目は、友達、親せきなど
  • 三番目は職場の人やクラスメート、ネットの人たち(二番目に入る場合もあり)

一番真ん中の円の人たちだけ自分の事を打ち明けたら、あとは仕事や学校生活などスムーズに進めるくらいの関係でいいと思います。

今、真ん中に当たる人がいない人はこれから1人か2人作ってみよう

これを読んでいる人は、恋人も彼氏もいない。

親は毒親でわかってくれないという人もいるでしょう。

職場や学校で気の合う人ができそうであればそのまま進んでいくのも良いのでしょう。

ただ、誰もいない場合はこれから作っていきましょう。

インターネットであればオフ会に参加したりなどして気の合う人を作っていくのがいいでしょう。

最近、東京・大阪で発達障害バーやカフェもあるのでそこで出会いを見つけるのも良いでしょう。

あと、個人的には1人だけでなく2人作っておくことをおすすめします。

1人だとどうしてもその人に依存しちゃいますので。

ちなみに私の場合はこんな感じ

どうでもいいかもしれませんが、私はこんな感じです。

f:id:aya-haseko:20180315223835p:plain

真ん中は今つきあっている彼・親・あと何でも話せて信頼できる友人が一人います。

二番目は、妹夫婦・定期的に連絡とりあっている友人二人・通っている美容院の店長(話が合う人なんですよ)・あとはよく行っている金輝のマスター(@kinkihattatu) とかかな。(勝手に思っているだけですが…)

三番目は、職場の人たちやネットの知り合いさんという感じです。

こうやって整理してみると、結構私は人間関係に恵まれているのかなとも感じています。

「それでいい」という本に出会うまでは、みんなにみんな自分を認めてほしいと思っていましたから今思うと欲張りだな自分と思っています

「それでいい」はありのままの自分を受け入れる方法を教えてくれる本

最後になりますが、今回紹介した細川貂々さんの著書「それでいい」についてです。

「対人関係療法」で有名な水島広子先生が監修されています。

ネガティブな性格で生きづらい、自分を“ダメ人間”と思ってしまう、
コミュニケーションのとり方がわからない、そもそも人づきあいがニガテ、
ネガティブな人を引き寄せてしまう、人に振り回されることが多くて疲れる……etc。

そんな人生をラクにするコツは、「当たり前の気持ち」を受け入れて、自分を認めること。
そのヒケツは、対人関係の「ズレ」と「役割期待」にあり。
対人関係が健康であれば心も健康であり、対人関係に自信があれば人生にも自信がもてる。
生きづらさを克服するための対人関係入門書。

amazon 解説より

f:id:aya-haseko:20180316071427j:image

私も細川貂々さん同様ネガティブなことばかり考えていてそんな自分を変えたいと思ったこともありました。

でも、そんなネガティブな自分を受け入れるのも大切なんだなと思ったら楽になりました。

今回紹介した人間関係の事もそうですが、参考になる内容がたくさん入っていますのでネガティブな自分を変えたいと思っている人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?