仕事

会社員が辛い時は柔軟な考えを持ったほうが良い

もう、仕事嫌だ

面接では、結構前向きに「御社に入ってこんな仕事がしたいんです!」とアピールしたにも関わらず内定が取れない。

また、新卒で入った会社でも面接で上記のアピールしたにも関わらずなかなか希望の仕事に就くことができず悩んでいる人だっていると思います。

私も結局ドロップアウトしてしまったわけですが、仕事していた時は本当に柔軟に物事を考えることができなかったのです。

そんな私が会社員時代を振り返ってみたいと思います。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

会社員が辛い理由

私も会社員を経験してきたわけでありますけど、会社員のつらさというとこんな感じでしょうか。

やりたい仕事ができるとは限らない

当たり前ですが、やりたい仕事をするために入った会社ではありますが必ずしもその仕事に就けるとは限りません。

特に新卒採用の場合は、まず経験の為に営業だったり事務だったりなど初歩的な仕事に就くのがほとんどです。

技術職がしたいとか商品開発したいと言ってもそこに就ける人はめったにいません。けれども、数年後の人事異動でもしかしたら叶うかもしれないという前向きな気持ちをもって社畜となる人がほとんどです。

逆に最初は商品開発などやりたい仕事に就いたのにもかかわらず、数年後他部署に異動という事もあります。

転勤がある

大企業の総合職であれば、1年~半年に1回大きな人事異動があります。

その際、全国展開しているところであれば様々なところに飛ばされてしまいます。

ずっと都会の本社で働いてきた人が人事異動で知らない地方の営業所に飛ばされることもありますし、逆もあります。

人によってそれが出世なのか左遷なのか考え方は違いますが結婚して家庭を持ってさらに家を持っている人は辛いものです。

単身赴任するか家を手放すかどちらかを選択せねばいけないからです。

ちなみに私は一般職で働いたことがあるのですが、一般職も引っ越しするほどの距離じゃないのですが異動はありました。

人は選べない

そして何より、一緒に仕事をする人は自分で選ぶことができません。

希望していない部署であっても、優しい上司や熱心な先輩など人が良ければきっと続けることができますし成長だってできます。

けれども、やりたい仕事であっても鬼みたいな上司やいじわるな先輩がいたらすごく大変です。毎日毎日気を遣ってしまいそれで力が発揮できず体調を崩してしまうことだってありますので。

決めるのは会社の人事

結局、会社の配置を決めるのは会社の人事担当者です。

自分で希望があったにしろ叶う事ってそうめったにありません。

理由としては、様々な経験を積ませることにより成長していくことと不正な行為を行わないようにするためとのことです。

私が働いていた時は、仕事できない人間は1年ごとにどこか異動していましたし、仕事ができる人は逆に本社勤務になったりなどして皆異動の時期になると結構ざわざわしていました。

辛い時はもう少し柔軟に考える

せっかく希望の会社に就職することができたのに、希望の仕事に就けない。ましてや毎日上司に怒られてばかりで辞めたいという人だっていると思います。

けれども、他にやりたいことがないという人は恐らく転職するにしろ厳しいと思います。

そういう場合どうしたらいいか2つほど考えました。

ここは学校だと思うようにする

以前に書きましたが、学校というのは企業で働くための訓練だと思えばいいのです。

学生生活が楽しければ、8割ほどはそのノリでやっていけばきっとうまくいきます。

下記の記事に詳しい事は書いていますので。

学校行きたくない…なんで学校って行かなきゃいけないのか考えた学生時代は学校へ行きたくないとよく思っていましたAya (@aya_haseko08) です。 そして今は仕事行きたくない…と思っ...

適当に考えるようにする

これは真面目な人がぶち当たる壁ですが、会社員になるというのはある意味会社の駒なんですよ。やりたい仕事ができるなんてほんまの一握りしかできないし、できたにしても数年後に異動になる可能性だってあります。

あまり会社に期待せずに、ある程度気を抜くことも覚えておいたほうがいいです。

例えば私は会社員時代、半期に一度目標を5つほど立てないといけないという事があったのですが、事務職はルーティンワークというかサポート的な仕事なのでなかなか見つけるのが大変でした。

なので3つは真面目に考えて残り2つは前決めた目標をいじって作りました。

完璧にやろうと思うといずれ壊れてしまいます。

ある程度は適当にやりましょう。

まとめ

就職するというのはお金を稼ぐことはもちろんの事ですが会社のために働くということなんですよ。

どうしてもやりたい仕事があるのなら、就職するのではなく自営やフリーランスを選べばいいんじゃないでしょうか。

けれども、そんなに甘い世の中ではありませんし会社で働くことというのはそれなりのメリットだっていっぱいあります。

職場が辛いと思う前に一度自分のカチカチな考えを捨ててもう少し柔軟に考えてみてはいかがでしょうか。

そうでなければ、きっと採用されていなかったと思いますし。

それに、せっかく選んでもらえたので選んだ人たちの気持ちも考えてみてはどうでしょうか。

転職はプロの人にフォローしてもらうのが一番です。

リクナビNEXTは求人数も多く、登録したら企業や転職エージェントからオファーが来ることもあります。

今の仕事が辛いけど、忙しくて余裕が無いという人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】