発達障害を疑う前に転職を視野に入れてみたほうがいいのでは?|シンプルに生きてみませう
メンヘル-発達障害

発達障害を疑う前に転職を視野に入れてみたほうがいいのでは?

仕事でまたミスをしてしまった。

あれこれしなきゃいけないけど、パニックになってしまう。

もしかしたら自分は発達障害なのかな?

そう悩んでしまう人もいるかもしれませんが、私は発達障害と思うよりも転職活動したほうがいいのではないかと思います。

こんにちは、Aya(@aya_haseko08)です。

先週あたりにこんなニュースをみました。

最近、TVなどで取り上げられることが増えた発達障害。

しかし、発達障害の認知が広まってきたことにより検査を受ける人が増えてしまい上記のツイートの様に約1年かかるとも言われています。

それを考えたらやはり、転職して別の環境に移る事で仕事ができないことが解決する場合だってあると思います。

なぜそう思うのか今回は書いていきたいと思います。

今はコミュニケーション重視の仕事が増えた

もともと日本の仕事って農業や工業など手作業でやる仕事が多かったので、そんなに言うほど人とコミュニケーションやチームワークが問われずコツコツやる仕事が多かったのですが…

今はITの普及により手作業でやる仕事が機械化されたことで仕事が減り、介護や英語などコミュニケーションが重視される仕事が増えてきたのが理由だと私は思います。

発達障害は脳の仕組みが普通の人と違うことが原因で、程度によりますが普通の人が簡単にできるコミュニケーションや日常的な事(片づけや注意力不足)ができない特徴があり、その影響によって仕事もできなくなってしまうのだろうと思います。

上手くいかないなら転職を考える

今の仕事ができないからと言って、自分は発達障害かもしれないと決めつけるのはまだ早いです。

もしかしたら、その環境や仕事内容がたまたま合わなかっただけでもしかしたら環境を変えたら仕事がうまく回せる可能性だってあります。

いっその事、今の仕事が辛いのであれば転職も考えてみましょう。

そして、仕事を探す際あるポイントを重視して探してみてはいかがでしょうか?

これまでの経験ではなく、職場環境を重視して探してみる

仕事が辛い理由って言うのは、仕事の内容よりも人間関係などの職場環境が理由というのがほとんどです。

仕事は長く続けていく事が一番大切なので、何が一番大切で何が一番我慢できるかこれを機会にもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

転職しても無理なら検査を検討する

転職先でも上手くいかない場合は、それこそ心療内科などに行って検査を受けてみましょう。

病院もピンキリなんでできれば発達障害専門の病院で診てもらいましょう。時間はかかりますが、原因がわかれば対策を見つけることだってできます。

内容的にはアンケートと心理テストです。

ただ結果は先生のさじ加減で決まりますし、支援受けるにしても甘えないほうがいいと思います。

詳しいことは下記の記事にも載せていますので合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
【大人の発達障害】検査を受ける際必要なことをまとめましたAya (@aya_haseko08) です。 最近、NHKで取り上げられることが増えた大人の発達障害。 大体の人は、仕事が...

発達障害専門の転職サービスで仕事を探してみませんか?

もし、発達障害の検査を受け確定診断を受けた場合は発達障害専門の転職サービスで仕事を探してみてもいいかもしれません。

atGP転職さんは、東京・大阪・名古屋で障害者の就職支援サービスを行っています。

経験豊富なスタッフがサポートしてくれるのできっとあなたに合う仕事を見つけてくれるでしょう。

療育手帳・精神障害者保健福祉手帳 の交付を受けていることが条件になるので対象の方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

さいごに

時代が変わるにつれ働き方のスタイルってどんどん変わっていく反面、発達障害の症状が原因で生きづらさを感じる人も増えてきています。

最近では、できない部分は他の人にフォローしてもらったり、図で教えるなど工夫する所も増えていってきていますが、人によってはそれが申し訳ないという気持ちになる場合だってあります。

それが嫌であれば、自分が働きやすい環境に移る事も考えましょう。

転職というのは昔と違って皆結構やっていることなので、そんなに悪い事ではありません。

自分が働きやすい環境に移ることで人生を明るく楽しく過ごすことを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

もし、今発達障害で悩んでいる場合西脇俊二先生のコミックエッセイを読んでみてはいかがでしょうか。

西脇俊二先生も、アスペルガーを持っている当事者でありますのである程度参考になったのと同時に、アスペルガーの理解が得られない人にどうやって対応したらよいかわかりやすく解説しています。