ミニマリスト・断捨離

嫌な性格を変えたい人は断捨離をすることをおススメしたい理由

今すぐ掃除しよう!!

私、Aya (@aya_haseko08) は、断捨離を始める前は自己中ですごく嫌な性格でした。

しかも、それを全く自覚していないというすごく最低な人間だったと振り返ってみて思います。

それが、断捨離を始めて物を減らすようになり自分って自己中で嫌な人間だなと認識するようになりました。

断捨離の力ってすごいなと改めて感じたことを書いていこうと思います。

自分の事しか考えていない自己中な人間

私の性格ですが、自分で振り返ってみても最悪な人間だと思っています。

一例をあげますと、データ入力の仕事をしていた時の話です。

入力の仕事は学歴・職歴・年齢も様々な人が多く、私は事務の仕事をやっていたので、自分は一番できると思い込んで仕事をしていました。

データ入力の仕事はどちらかというゆるい感じの場所だったので言っちゃあ悪いのですがやる気ない人が多かったのです。

ここで自分のスキルをアピールして上を目指そうと思っていました。

それは、別の観点から見るとやる気ない人たちの事を見下していました。

でも、そのツケが回ってしまった出来事が起こりました。

半年に1回ほど大きいミスをしてしまい上から注意されていました。

しかも、自分の周囲への振る舞いが気に入らなかったか知りませんが、なかなか仕事も貰えず仕事が会社都合で部署がなくなる数ヵ月前はほぼ干されてしまいました。

今だから思うのですが、あまりにも調子に乗ってしまったのでここはひとつお灸を添えたほうがいいだろうと上の人が決断したのでしょうね。

物を減らすにつれ相手の気持ちになって考えるようになる

昨年の夏前に、仕事のトラブルが続いたことがきっかけになり断捨離をはじめました。

物をどんどん減らし部屋がキレイになってくる度にだんだん自分のこれまでの自己中な行動を振り返ってみました。

身だしなみ

私はどちらかというとおしゃれに無頓着な性格であります。

昔は化粧もほとんどというか全くせず、髪の毛もくせ毛でまとまりづらく(大泉洋さん的な髪形を想像すればいいです)、あまり周囲から見てもキレイな人とは思わなかったのでしょう。

しいて言うのも難なのですが、だらしないオヤジ的な格好が多かったです。(言葉で表すのは難しいのですが今時のかわいい女の子的な格好をしなかったわけであります。)

当時は人って見た目じゃなく中身だから、別にそんなにおしゃれしなくてもいいやと思っていたわけであります。

あれじゃあ、やっぱり人は寄り付かないのかなと思ったりしました。

それがきっかけとなり、今更なのではありますが身だしなみに気を遣うようになりました。外出する時は化粧は必ずするようにして、髪の毛もくせ毛専門でやっているところを教えてくれたのでそこでアドバイスもらったりしています。

SNSでネガティブなことを言わなくなった

私はブログをやる前は仕事のストレスをよくLINEのタイムラインに載せていました。

当時は辛くて辛くて仕方が無かったので、誰かに慰めてほしいとかわかってほしいという気持ちがあったので結構ネガティブな事ばかり書いていました。

しかし、断捨離をするようになってからそういったネガティブな事は一切書かなくなりました。

相手の気持ちになって考えることができるようになったからです。

ネガティブな事ばかり言っていると相手もどう反応したらいいのかわからないですよね。

もし、気分が落ち込んだり悩んだりしたらあまりSNSに出すのではなく信頼できる恋人や友人だけに言うようにしました。でも、それであってもあまり言いすぎないように気をつけています。

まとめ

人それぞれではございますが、たかが片付けや断捨離をして考え方がこんなに変わるんだというのを肌で感じました。

それまで、変な意味で自分のオリジナリティーを守ることばかり考えていたのですが、ある意味それが万人に受け付けられないんだなということに気づくことができよかったです。

常識にとらわれすぎるのは良くないのですが、最低限の常識は必要なんだなとこの断捨離がきっかけとなり知ることができました。

なので、もし自分の性格が嫌だなと思ったら一度部屋の片付けをしてみることをおススメします。

ちなみに私の今の部屋(リライト前の2016.7.21)

 

View this post on Instagram

 

ayaさん(@aya_haseko)がシェアした投稿

何とかがんばっています。

小さな目標ですがミニマリスト目指しています。

※ちなみにリライトした2017.1.24地点の写真はこちら

f:id:aya-haseko:20170124221938j:plain

今回は別角度から撮影しましたが、物は大体このくらいです。

ちなみに、以前撮影した窓側は変わらずです。

片づけられない人間だった私が片づけられる人間になった理由この記事は2016.5.15に投稿した記事を2017.3.15に修正しました 私は小さいころ題名の通り「片づけられない女」でした。...