メンタルヘルス

結果が出ない努力はしない。できないことはあきらめる勇気も大切。

f:id:aya-haseko:20160715232237j:plain

Aya (@aya_haseko08)です。

世の中は普通にできることができない場合、努力すればきっとできるから歯を食いしばってがんばれ!という風潮があります。

けれども、どんなに一生懸命努力してもうまく行かないことはあります。

結果が出ないのは努力が足りないからだと思いもっと努力する。

しかし、それが空回りしてしまい結局体を壊してしまい動けなくなることは誰にでもあると思います。

私の場合は、小さい頃全くしゃべることができない場面緘黙症というのを持っていたのでそれこそ普通の子に合わせるためにかなりの努力をしてきました。

けれども、努力しても普通*1に合わせることができず結局最後は孤立してしまうというパターンが多かったです。

そんな人生を振り返って感じることがあります。

「どんなに努力してもできないのであればあきらめよう」

という感じで、今回は私Ayaさんのパターンも交えながら書いていきたいと思います。

学校でも会社でも一人ぼっち。一人の辛さは半端ない

もともと私はグループになじむことができない性格でした。
昔で言うとおとなしくて内向的な人間だったので輪に入ることも普通の人より何十倍も勇気が必要な事でした。

どこでもかしこでも、一人でいることって何かと目立ちます。
学校だと旅行や文化祭などの班決めとか自分は残り物だったのでどこに入ればいいかわからない。入ったら入ったでそこの班は嫌そうな顔する。

自分の中でもこの体験は本当に屈辱的でした。私だってあぶれるのは嫌なのに何でこんな目に遭わなきゃいけないのだろうと当時は感じました。

だから孤立しないためにも、自分なりの努力はしてきました。私がやってきた努力はこんな感じ。

  • 自分から話すようにする。
  • 周囲の人の付き合い方を見ながら自分も真似する
  • とにかくテンション上げて明るく振舞う
  • イライラする態度を出さない
  • おしゃれな格好をする
  • 仕事を一生懸命がんばり認めてもらう

とにかく、もう一人ぼっちで惨めな思いをするのが嫌だと思って過ごしていました。

でもしばらくすると、そのグループにいてもいなくてもいいような存在になり輪の中に入りづらい状態になりました。

その後はそのグループからも離れ一人で過ごす事が多くなりました。

一体、何が原因なのかもわからず人間関係の事で頭がいっぱいになり何も手につかないこともありました。

みんなに好かれるという考えをやめる

学校と職場の人間関係の違いは、学校は嫌な人と関わらなくてもよいのですが、職場の場合は嫌な人と関わる必要があります。

学校で人間関係に悩まなくても社会に出るとほとんどの人が人間関係に悩むことが増えると思います。

私の場合は、どこに行っても誰か一人自分のことを嫌っている(私と気が合わない)人がいて、他の人にはニコニコ対応しているのに私だけ冷たい態度をされたりしました。

なんで自分ばっかり?って思ってしまい仕事のモチベーションも下がってきたのです。

自分なりにその人に認めてもらう為に努力を重ねたのですがうまくいかず、そのことで悩んでしまう繰り返しでした。

そうした日々を過ごしていくうちに、もうどんなに頑張っても心の距離は埋めることができないんだなと思い、その人たちに好かれようと思うのはやめました。

すると、気持ちが少し軽くなりました。
お昼なども一緒の机で食べることもありましたが離れて食べることによって話のネタを無理して探す必要もなければ沈黙もありません。

そっちのほうがかえって気が楽だなと感じました。

最初の頃は自分の悪口陰口言っているのではないかという不安もあったりしたのですが、時間が経つにつれ「別に自分の耳に入ってこなければいいや。言いたい奴には言わせておけばいいのさ。さぁ、仕事がんばろう」という前向きな気持ちになりました。

みんなに好かれなきゃいけないという努力を諦めることによって、得られることもありました。

あきらめることは悪い事じゃない。あきらめることで得られるものだってある。

人はいろんな人がいます。
あなたの事が好きな人がいれば嫌いな人だっているのです。

ジグソーパズルで例えてみますと、パズルのピースって色々な形があるじゃないですか。そんでもって形が合わないと入らないですよね。

あなたはそのパズルのピースと考えましょう。

あなたのパズルのピースがどうしても合わないのは、その穴のピースはあなたのピースではないということです。

無理やり押し込もうとすると、ピースは壊れてしまうのです。

だったらもう、いっそのことその場所はあきらめて他へ行きましょう。

私はそこを離れた(仕事を辞めた)ことによって、別の環境で仲間ができました。

自分の辛い部分を相談できる味方ができたのです。

その人たちのことをもっと大切にしていきたいと思いました。

さいごに

努力することはもちろん大切な事です。

がしかし、結果がなかなか伴わない努力は時間の無駄だと思います。

年齢を重ねるとできなくなることだって増えていきます。

できないことはあきらめて、できることに集中したほうがよほど自分のためになります。

あきらめることは決して悪い事じゃありません。

為末大さんの諦める力もおすすめです。

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

 

*1:ここでいう普通は友だちと一緒にいて楽しい学校生活を送ることです。