シンプルに生きてみませう

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

普通のことが出来ない…人と同じことが出来ない悩みを解消するにはどうしたらいいのか考えた。

スポンサードリンク

f:id:aya-haseko:20171204220134g:plain

Aya (@aya_haseko08) |です。

私は小さい頃から人と同じことができず今でも悩むことがあります。

普通の事ができない

普通のことを具体的に言いますと、コミュニケーションもそうですし運動神経も悪かったなど、普通の子ができることが私はできなかったのです。

それは発達障害からきているのか場面緘黙症が理由なのか何なのかはわかりません。

そんな中、よく遊びに行っているお店でこんなイベントが行われることになりました。

この1名って実は私なんですよね。フフフ…。

もともと、このイベントが行われる前というか去年あたりから普通という意味をずっと考えていた自分。

これからの人生どう生きたらいいのかきっかけが欲しいと思い参加してみることにしました。

哲学カフェバーって何?

f:id:aya-haseko:20170424192232j:plain

大阪の心斎橋にある発達障害向けのカフェバー金輝で行われているイベントのひとつです。

発達障害の人が悩むテーマに沿って1冊の本を参考に解決方法を導き出すきっかけを作るイベントであります。主にいじめ・劣等感・未来会議など。

哲学カフェバーは月2回ほど行われていますが、回を重ねていくごとにお客さんが増えているみたいで満席になることだってあります。

私は過去2回参加していますが、結構ためになる話が聞けますので行ってみたいけど不安な人はこういったイベントから参加するのがおすすめです。

ヒツジとライオンを例にとる

今回使用した資料の中で、ヒツジとライオンの性格について学びました。

ヒツジとは、何かあるたびに群がって
結局何も成し遂げられない人

ライオンとは、いたずらに群れず孤高に
物事を成し遂げようとする人
どちらの道を選ぶか、すべてはあなた次第。

こちらの紹介文より

ヒツジとライオンってすごく両極端な性格なのですよ。例えば著書の中でこういう例えがありました。

  • ヒツジは辛いとすぐ群れる
  • ライオンは辛いと読書する

自分なりにわかりやすく解釈してみるとこんな感じ

  • ヒツジは辛い時は仕事帰りに居酒屋で部下や友人とグチをこぼす
  • ライオンは辛い時は家に帰って本を読み自分で解決する

そんな私はヒツジの性格を持っているけどライオンに憧れる人間だと思います。いやむしろみんなそうじゃないかな。

むしろ、100%ヒツジで100%ライオンって生き方は色んな意味で難しい感じがしました。

普通って場所によって変わる

今回のやりとりですごく感じた事があります。

それは普通って同じ考えの人が多い環境にいればそれが普通になるって事

例えば私の場合はミニマリスト的な考えを持っています。

同じミニマリストの人の集まりにいけばそれが普通になるし反対にマキシマリストの集まりに行けば個性になってしまうので孤立してしまうのです。

地元ではなかなか同じ考えの人に巡り合えなかったにしろ、SNSなどがきっかけで同じ考えの人に巡り合えれば悩んでいる事が解決される場合もあるかと思います。

哲学カフェバーに参加してみた感想

f:id:aya-haseko:20171204221158j:plain

今回は「普通」というキーワードがきっかけで参加させていただきました。

ちょっと思った事なのですが、自分の考えなどは変える事はできます。でも、運動能力や脳の仕組みって努力してもできないんですよね。

そういったときはどうしたらいいのか?

自分なりの答えとしては、個性が活かせる環境を作る(探す)しかないと思います。

努力してもできないことはもうあきらめて得意な部分が活かせる環境を探すしかないなと思いました。無いのであれば作る。

完璧に自分の希望を聞いてくれるところは少ないにしろ8割~6割自分の希望を叶えてくれるところに身をおけば自分の悩みを解消できるのかなと思いました。

他にニーチェのこちらの本も利用しました。ニーチェも哲学家で有名な方ですよね。

参加された方のレポはこちら