シンプルに生きてみませう

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

30代半ばになって自分の得意なこと不得意なことがわかってくるようになってきた

スポンサードリンク

f:id:aya-haseko:20171207114534p:plain

Aya(@aya_haseko08) です。

断捨離を始め、ものを減らしミニマリストに興味を持ち、人との出会いをキッカケに自分のことがどんどんわかってくるようになりました。

仕事でつまづき、違和感を感じるようになり適応障害を発症し会社を辞めてからとにかく好きなことをとことんやってきました。

2017年に入ってからは、リアルの世界でもネットの世界でも良い人との出会いが増えたと思います。

それと同時に今までの人生を振り返って自分の得意なこと苦手なことがだんだんとわかってくるようになってきました。

実は体を動かすことが大好きだった

f:id:aya-haseko:20171207113431j:plain

私はもともと体育が嫌いで、運動神経もすごく悪かったのです。

球技(野球やバレー)は特に足手まといになりまくりで皆に迷惑をかけていました。

それが理由で自分はスポーツやることが嫌になりました。スポーツを見るのは好きなんですけどね。ルールよくわからないのもあるけど。

けど、最近になって体力つけないとなと思うようになりできることから始めるようになりました。

一番簡単なのは、ウォーキングやサイクリング

これなら一人でも大丈夫。

今年は歩き遍路旅もやったし自転車で往復30km移動したこともあるので持久力はついてきているかなと思います。

あとは上半身の筋肉をつけることが課題ですね。筋トレやろうかと検討中です。

自分の弱点や悪いところもわかるようになった

ここ最近の話でありますが、自分がどこでつまづいてしまっているのかわかってくるようになってきました。

決まって同じようなところでつまづきます。学習していないですね。(笑)

何て言ったらいいかわかりませんが「誰にでも好かれようと努力すること」

当たり前ですがみんなに好かれるなんて無理です!

なのに、自分のことを苦手な人もしくは嫌いな人にも好かれようと努力してしまうからダメなんですよね。

そういった人には何を言っても無駄なので、サラッと流して自分のことを応援してくれる人のためにがんばろうと気持ちを切り替えなくてはいけないと思います。

30代になって気づくほうが自然かも

というように、こういった得意不得意なことって20代の時に気づけばよかったと後悔することもありますが30代に気づくのが一番いいと思います。

なぜかというと、20代って選択できることが多くて苦手な事も努力すれば何とかなる!と思ってしまうからなのです。

正社員の求人だって30歳までというのがほとんどですしね。

ところが、30代になるとその選択肢も狭まってしまいます。

20代の時みたく、「失敗しましたテヘペロ」的な事は通用しないし努力すれば何とかなるとしても相当の努力が必要になってしまいます。

それであれば、できない努力に時間を費やすよりも得意な事・苦手な事を考えて得意な事をもっと伸ばすことが一番いいんだろうなとここ最近は思うようになりました。

これからの自分

f:id:aya-haseko:20171207113446j:plain

今更な感じではありますが、自分の人生を振り返って意外な事が向いていることに気づいてしまいました。

それを仕事にするかどうかというのはまだわかりません。

ただ、一つ考えているのはできないことは極力やらず得意な事を伸ばしていくことを考えてはいます。

時間はかかるけど、この先の人生を楽しく生きることを考えて生きたいです。

 

さいごに

私は30代半ばになってそのことに気づいたわけですが、中には40代超えてもそれに気づかず悩み続けている人も多いです。

それに気づけただけでもよかったのかなと思ったりもします。

20代みたいなチャレンジ精神を持つことも大切ですが、30代を過ぎたら考え方を変えて自分の出来ること・得意な事を伸ばしていき苦手な事はなるべくしないという人生を送ったほうがきっと楽しいと思います。

自分のことがわからないという人は本やネットで診断もできますのでぜひやってみてはいかがでしょうか?