読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに生きてみませう

断捨離を期にネガティブからポジティブに変わろうとする私のひとりごと

MENU

【自分の時間を取り戻そう】時間はお金とともに大切と感じた

結構話題になっていたちきりんさんの自分の時間を取り戻そうようやく読了しました。

残業ばかりで限界の管理職、正樹。
家庭と仕事の両立に悩む母親、ケイコ。
働きづめのフリーランス、陽子。
会社が伸び悩んできた起業家、勇二。

多忙で余裕のない4人の物語からわかる「忙しさの本質」と「日本で働く人たちの問題点」とは?
そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?
2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論

超人気“社会派ブロガー"が「現代を生きぬくための根幹の能力」を解説する、大好評シリーズ第3弾!

amazon紹介ページより抜粋 

お金も大事だけど時間も同じくらい大切

今回出てきた4人は、様々な理由で忙しくて時間が取れないわけですがちきりんさんはそんな彼らにもっと生産性を上げることを言われています。

具体的に書くとこんな感じです。

  • 仕事を短い時間で終わらす
  • 人と違う発想を得る
  • 時間を節約するためにお金を使う
  • 時間とお金を見える化する
  • あらかじめ予定を立ててそれを基にスケジュールを立てる

ってな感じでしょうか。

私も実生活で上記の事ができているかと聞かれたらほとんど出来ていないです。
というか、これができれば誰も苦労しませんが実際のところ難しいですよね。

短い時間で終わらすのであればそれなりのスキルが問われるし、お手伝いさん雇う余裕だってない。違う発想したら職場で孤立してしまうし、時間家計簿はおろか普通の家計簿すらつけない等々…。

けれども全部が全部できなくていいんですよね。

一つ一つでいいから自分のできる事からやっていくことで少しずつ時間を作ることができると思います。

ベーシックインカムの話

もう一つこの本を読んで一番印象に残ったのはベーシックインカムのお話

生産性の低い人はある程度生活できるくらいのお金は払うから働かないでという話。

そりゃ働かずに生活できる分のお金がもらえたらそれはそれでラッキーではありますが、逆に戦力外通告されているので恥ずかしいし辛いなと思ってしまいます。

そうならないためにも生産性を上げる努力をしていかないといけないんだなと感じました。

以前も書きましたが今後は機械ができるような単調な仕事は減っていくみたいですから対策など考えないといけないわけです。

www.aya-simplelife.com

 まとめ

この本を読んで思ったことは、今までどれだけ時間を無駄に過ごしていたかという感じです。ぐーたらしている時間があればお金を稼ぐ力を身につけることができたのにな…と思いました。

私も30代はもう半分しかありません。残りの時間を有意義に使えるようある程度はお金を使わないといけないなと感じました。