シンプルに生きてみませう

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

死を意識した時【生きたい】という気持ちが高まる

f:id:aya-haseko:20171102230057j:image

四国の国からこんにちは。Ayaです。

さて、今日のテーマは「生と死」

歩き遍路をやっていて感じることは、何かしら自分の身に悪いことが起こる可能性があること。

もちろん、安全にやることは基本中の基本ですがそれでもふとした事で悪いことがおきてしまうことだってあるのです。

山の中で迷子に「死」を意識した

お遍路ブログではすでに書きましたが、実は高知の禅師峰寺というお寺に上がる前に山で迷子になりました。

お遍路のお寺は大体山の上にあるのがほとんどで、歩きの道は山道で歩きづらい感じがします。

で、私は地図をきちんと見ていなかったのか地図がわかりづらかったせいか道を外してしまい不安に陥ってしまいました。

ヤバイヤバイヤバイヤバイ…

もしかして私、死ぬかもしれない…。

この時初めて、お遍路旅が怖くなってしまったのです。

とにかく「生きたい」という気持ちを持って行動した

また私は死にたくありません。

お遍路旅以外にやりたいことはたくさんあります。

だからこそ何とかしなくちゃと思い冷静に対応するようにしました。

まず、木のところにピンクのリボンのしるしがあったのでそれをたどって前へ向かいました。

しかし、なかなか遍路道に戻らない。

もう今日は参拝はあきらめてとにかくこの山を降りたいと思い無我夢中になってリボンのしるしをたどって行きました。

途中つまづいたりしながらも「生きたい」「生きなきゃ」という気持ちを持って前へ前へと進んでいき、何とか山を降りることはできました。

簡単に「死」という言葉を使わないでほしい

最近、SNSなどで「死」という言葉を簡単に使っている人が多いと思います。

そりゃ、うつ病などがあってそう言ってしまう気持ちはわからなくないのですが、やはり自分で自分の命を失うことによって誰かが悲しむ人だっています。

社会や学校で出している自分と本当の自分とかけ離れてしまい苦しんでいる人も多いと思います。

でも、だからといって「死」を簡単に言うのはやめてほしいと思います。

偉そうなことを言える立場じゃないけれど最近のニュースを見て何となくそんな風に感じました。

もし生きるのが辛い場合は一人で抱え込まない

もし、今生きるのがつらくて死にたいと思うことが増えたらまず誰かに相談しましょう。

身近な人がいない場合は、スクールカウンセラーや心療内科やいのちの電話などあるのでそこで相談しましょう。

きっとあなたの心も軽くなると思います。