シンプルに生きてみませう~シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

私が経験した適応障害の世界。無理して働く意味ってあるのかな?

f:id:aya-haseko:20170715001324j:plain

Ayaです。

夏も暑くなってきましたね。熱中症注意ですよ。

さて、私は去年の今頃は事務職として働いていましたが人間関係が合わなくて辞めてしまいました。

がんばって約3年ほど勤めてきましたが、最後は我慢できず適応障害を発症してしまい薬で抑えながら仕事してきました。

適応障害は無理をし過ぎてしまうと、うつ病に発展して治りづらくなってしまいます。

今だから言えるのですが、無理して体を壊す前に休むことも大切なのかなと思いました。

そんなわけで今回は自分の経験談も踏まえ、無理して働く意味があるのかな?という事を書いてみます。

ちなみに適応障害についてはこちらに詳しい説明が書いています。

適応障害とは?うつ病・不安障害との違いって? 症状、原因、治療法、当事者へのサポートの仕方を解説 | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

仕事のミスが続き悪いほうに考えてしまう

私はPMS(月経前症候群)も抱えていて、生理前になるとどうしてもうつっぽい症状が現れるのでその時は気をつけるようにしていました。

ところがあるとき、いつものPMSと違う症状が出てきたのです。

いつものうつっぽい症状がさらに悪化した感じになったのです。

頭の中でお寺の鐘がゴーンゴーンとなるような感覚に陥って、満員電車に乗れなくなってしまったり(満員電車じゃなければOK)、仕事に集中することができず毎日のようにケアレスミスを起こし、自分を責めてしまう日々が続き、職場の人との付き合いもできなくなってしまい孤立してしまったわけであります。

もう限界と思い仕事辞めることを決意したのですが、当時の派遣の営業からもう少し頑張れば3年なるからそれまで数ヶ月間がんばってくれと言われ、とりあえずそれを飲み込むことにしたのですが結局自分一人の力ではどうにもならず心療内科に通いながら仕事を続けていました。

なぜ症状が悪化するまで仕事を続けていたのか

これを読んでいる人は、そんなになるまでなぜ我慢したのかとかなぜ仕事辞めなかったのか?と疑問に思う人も多いかと思いますが、これを機会に書いていこうと思います。

実はこれの前に別の派遣会社にてコールセンターの仕事をしていたのですが、そこも契約途中で辞めてしまったからです。

コールセンターの仕事も途中で辞めてしまい、事務の仕事も契約途中で辞めてしまったらもう私はどこも勤まらないのではないかという不安感があったからこそ辞めたくても辞めづらかったのです。

我慢して働く意味ってあるのかな?

あれから1年が経とうとしていますが、今はその派遣とは違う会社で働いているので正直我慢して働く意味ってあったのかなとたまに思ったりもします。

けれども、契約途中で辞めたらまた落ち込んでやる気がなくなってしまいそうだったし、これが正しかったのか間違っていたのかなんてわかりません。

その当時働いていた派遣会社は結構口コミで有名なところで私もいい印象を受けたのでまた使いたいという気持ちもあるので途中で辞めたら紹介してもらえないのではないかという不安もあったのかもしれません。

だから我慢してしまったのかなと思ったりもします。

こちらの記事も参考に

www.aya-simplelife.com

でも、心の病を抱えてしまったらまずは休むことを考えたほうが良い

今、当時の私見たく仕事が辛くて仕方がない人が多いと思います。

私から言えることはとにかく休むことです。

仕事を辞めろ!とまでは言いません。とにかく原因になっている所から離れるべきです。

離れることによって症状が落ち着いたら、また頑張ればいいしどうしても無理であれば辞めるという選択肢を考えればいいと思います。

適応障害を発症してしまう事はあなたにその環境が合わないからなのです。

だからそこから離れるか、自分の考え方を変えるしかないのです。

これを機会に、じっくりこれからの人生を考えてみてはいかがでしょうか。