シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

MENU

片づけ苦手を克服した私が部屋をキレイに保つために心がける3つのコト

Ayaです。

断捨離をして部屋をキレイにするようになってからはや2年。

こちらは2016年の私の部屋です。(当時の部屋が載っている記事です。)

断捨離をして、「無駄」なんとか~が減りました。お金の記録をして無駄を減らそう! - シンプルに生きてみませう

今現在のお部屋はこんな感じ。

f:id:aya-haseko:20170624114723j:plain

全くリバウンドしていません。

そういえば、ADHDを持っている人ってよく部屋を片づけられないと言われていますよね。

私も片付けが出来なかったときは「何で片づけられないんだろう…」と落ち込んでしまう事が多々ありましたが、コツをつかむことによってこんな私でも片づけることができました。

というわけで、今回は片付けができないと困っている人に対して私なりのアドバイスを3つあげたいと思います。

収納できないモノや服は買わない

f:id:aya-haseko:20170624115346j:plain

まず片づけができない理由の一つとして、必要以上に物が多いからです。

  • バーゲンで安かったから今のうちに買わないともったいない。
  • せっかく街まできたのだからついでに何か買っちゃえ

などの理由でモノを増やしていませんか?

大体、そういった理由で買ったものは余程のことがない限りお役目を果たせずにほったらかしにされてしまいます。

そんでもって、買ったのはいいけれどいつか使うから捨てないでおこうというわけでありますが…。

その「いつか」っていつ来ますか?

5日後ですか?いや多分一生ないでしょう。何となくで買ったものは結局そんな感じです。

なのでもう処分しちゃいましょう。

スケジュールを詰め込みすぎずに何もない日を作る

f:id:aya-haseko:20170624115219j:plain

部屋が片付かない人って、汚い部屋にいると落ち着かなくなるのでなんとなくカフェに行ったり、とりあえず誰かを誘ってみるなど無理やり予定を入れたくなりませんか?

しかし、そんな暇があるのであればその時間を利用して掃除に充てたほうがいいのではないでしょうか?

私も当初部屋が汚かったときはそれでもモノを減らすのに1~2日はかかりましたが、今は半日くらい整理の時間を作るようにしています。

必要なくなった紙類は即捨てる

f:id:aya-haseko:20170624115322j:plain

私が部屋を散らかしてしまう理由の一つとして紙が多いからです。

断捨離していた時もものすごい紙の量で頭がうわーーってなりました。

昔の給与明細や雇用契約書。自己啓発に通っていた時のプリント。旅行に行った際のキップやパンフレットなどなど。

そこで私は、断捨離の際それらの紙を一気に捨てました。

旅の思い出の品々は写真に撮って廃棄しましたけどね。

その後ですが、レシートなど領収書はひとまとめにしておいてマネーフォワードで転記してから廃棄。

旅の思い出のキップなどの紙類は帰ったら即捨てるようにしました。

記念になるし捨てると悪いなと思ったりもしましたが、モノより体験することが大切と思うようになったら手放すのも楽になりました。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

特に難しい事ではないかと思いますが考え方を変える事によってキレイな部屋を維持することができています。

今回上げた3つの項目が少しでも片づけられなくて困っている人の参考になっていただければ幸いです。

おまけ:どうしても無理ならプロに頼む

片づけができない理由として私は「片づけの仕方とかごみの捨て方がわからないから」だと思います。

なので、今私があげたことがどうしても難しいと思うのであれば片づけのプロに頼んでみるのが一番です。

今はインターネットでそういった人たちを探すのが楽になりました。

例えばココナラ を利用すればそういった片づけのプロを見つけるのは楽ちんです。

f:id:aya-haseko:20170624120930p:plain

断捨離や片づけで検索してみたら30件ほどありました。お値段は500~3000円とピンキリですが。

ピンキリではありますが利用した人の感想なども参考にし一度利用してみてはいかがでしょうか?

片づけのプロに相談し一気に片づけをしてもらい、その後部屋をキレイに維持できるテクニックを教えてもらいましょう。

あとは、ドラマでも有名になった家事代行サービスを定期的に利用して部屋をキレイにしてもらうという手もあります。

お金はかかりますが、苦手な事を他人にやってもらい自分の家で気持ちよく自分のやりたいことができることはひとつの投資になります。