シンプルに生きてみませう

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

【日曜劇場 陸王】池井戸潤さん原作の作品はリアル的な感じで面白い

スポンサードリンク

f:id:aya-haseko:20171201104312j:plain

12月に入り秋ドラマもそろそろ佳境に入ってきましたね。

その中でも毎週欠かさず見ているのが日曜劇場陸王

原作は半沢直樹花咲舞が黙ってないでおなじみの池井戸潤さん。

私は花咲舞をHuluで一気見してはまりました。あれも銀行の仕組みや裏側も見れて面白かったのですよ。

って話が飛んでしまいましたが、今日紹介する陸王は陸上競技(長距離)とあるものづくり企業の話です。

あらすじ・キャスト

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。

それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発だ。

はじめに|TBSテレビ:日曜劇場『陸王』より

 

経営が傾きかけている老舗の足袋会社が、この先も長く会社を続けていくために足袋の技術を活かした新規事業として陸上のランニングシューズを開発するところからこの物語が始まります。

キャストもすごい豪華な人たちばかりで、役所広司さん、山崎賢人さん、竹内涼真さん、上白石萌音さん、寺尾聡さん。

俳優以外の人であれば阿川佐和子さん(エッセイスト)、小藪千里さん(吉本新喜劇)、市川右團次さん(歌舞伎俳優)、ピエール瀧さん(ミュージシャン)と様々なところで活躍している人たちが多いです。

注目その1:老舗のものづくり企業がどのような形で成長するか

足袋って着物など和服着ない限り履かないものだと個人的には思っています。

だから、足袋の需要もどんどん減っていくので売上もどんどん落ちていきます。

今回舞台になっている足袋製造会社「こばせ屋」さんは創業100年という老舗企業でありますが、この先も会社を続けていくためには時代に合った商品を作り新しい顧客を増やしていかなければいけません。

こばせ屋さんも陸上競技向けのランニングシューズの開発を始め、軌道に乗ったかと思ったらライバル企業のアトランティス社の嫌がらせなどもあり紆余曲折の物語を展開しています。

次回第7話は、良い素材の部品を供給するはずの会社がライバル会社に取られてしまい窮地に立たされた「こばせ屋」。

予告の最後に「会社を売りませんか?」というセリフが出てきていましたがどうなることやら。

老舗のものづくり企業がどんな形で再生されていくか注目される作品であります。

注目その2:陸上選手を支える仕事「シューフィッター」

実業団やプロのスポーツ選手って様々な人たちの支えで成り立っています。

陸上選手にとって一番大切なのは靴。

その靴を一人一人に合わせてコーディネートしていく仕事をシューフィッターといいます。

シューフィッターとは? | シューフィッター養成認定機関 FHA 足と靴と健康協議会

もちろん、私はこのドラマがきっかけでシューフィッターという仕事を知りましたが靴によって選手のこれからの人生が決まることだってあるので地味な仕事のイメージがあるけど責任感の強い仕事だなと感じました。

ちなみにランニングシューズ陸王のモデルになった商品は実際存在するみたいです。

ランニングシューズは機能性に優れていますが、故障しやすいと言われています。

しかし、足袋のような足そのものの機能を活かしたランニング足袋を利用することによって故障しにくく人間本来の走り方を身につけることができるみたいです。

注目その3:多彩なゲスト出演者

レギュラーで出演しているキャストも異色ですが、ゲスト出演しているキャストもさらに異色の人が出演しています。第6話まで出演しているゲストの方は以下の人たち

  • 増田明美さん(スポーツジャーナリスト)
  • サイラス・ジュイ選手(現役の陸上選手)
  • 内場勝則さん(吉本新喜劇)
  • 中西麻耶さん(陸上パラリンピック日本代表)
  • 鳥居みゆきさん(お笑い)
  • 原晋さん(青山学院大学陸上部監督)

増田さんとか原監督はもちろんのこと現役の選手が出ているのはすごいなと感じました。ドラマなんてさすがに出ない人が多く出演されています。

あと、次回の7話には松岡修造さんも出るみたいです。

TVでは熱い人ですが、ドラマでは熱くない役みたいです。面白そう。

さいごに

池井戸潤さん原作のドラマはお金の流れ、企業の仕組みなど社会の事を知ることができると私は思います。

学校では教えてくれない。本を読んでもイマイチわからない。

でも、ドラマみたく映像化することによってわかりやすく面白く社会の事を学ぶことができます。

池井戸さんの作品はどちらかというとサラリーマンの人がよく見られると言われていますが、これから就職を希望される学生さんにもぜひ見てほしいと思います。

陸王を最初から見たい人はTBSオンデマンドで。最新話は1週間以内であれば無料で見れます。

TBSオンデマンド|TBSの人気番組を動画配信!

その他の池井戸潤さんのドラマも見てほしい

また、陸王をきっかけに過去の池井戸潤さんの作品を見たい人は動画サイトがおすすめです。

個人的には花咲舞が黙ってないを一番見てほしいです。

下町ロケット・花咲舞が黙ってないはHuluで配信しています。