シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

MENU

スマホの写真データを断捨離。Googleフォトを使えば写真の整理も楽になる

f:id:aya-haseko:20170722233635j:plain

Aya(@aya_haseko08)です。

皆さんは自分のスマホで撮影した写真どうしていますか?

スマホ内部のハードディスクに入れたり、SDカードに入れたり、iCloudやDropboxなどのクラウドに保管したりする人がほとんどでしょう。

けれども、時が経つうちにつれその保管しているところもいっぱいになります。

外付けを買うなり、SDカードを買いなおしたり、クラウドの有料サービスに変えるなどした場合どれを選んでも結局お金はかかってしまいます。

そんな時、ふと思う事があります。

この写真、思い入れのある写真かな?

大体はSNSで載せたり、旅ブログなどに載せたらお役御免なんですよね。

というわけで、先日私はようやく重い腰を上げて写真の整理を始めることにしました。

撮影した写真はなんと1000枚以上

私はiPhoneを初めて購入した3年前は、iCloudで写真を保管していました。

ちなみにiCloudは5GB、Dropboxは最低2GB、無料で使えます。(DropboxはTwitterのアカウントをフォローするなどの条件によって使える容量が増えることもあり。)

最初はiCloud楽ちんやなと思ったりしたのですが、使用してから1年半が過ぎこんなメッセージが出てくることが増えました。

iCloudストレージがいっぱいです。

というわけで調べてみたら、案の定写真が一番容量を使っていました。

仕事帰りに食べたものや旅行、あと自分で作った料理など結構色々な写真を撮っていたのでトータル1000枚以上は超えていたのかもしれません。

GooglePhotosを入れて写真は保管することに

f:id:aya-haseko:20170722235119j:plain

写真の整理について悩んだ結果、容量が無制限のGoogleフォトを利用することにしました。

容量無制限なので、とりあえずは全部写真を保管して時間のある時にその写真を一回見直して必要な写真だけ残していくことにしました。

それと合わせて、iCloudやiPhoneに入っている写真のデータはGoogleフォトに入ったことが確認できれば断捨離という形でやっています。

今月あたりから、またしてもiCloudストレージがいっぱいですというメッセージが来たわけでありますが、とりあえずは古い写真は皆捨てました。

iPhone限定:写真はLIVE機能は使わない

f:id:aya-haseko:20170722234838j:plain

ここ1~2年前に発売された機種限定になってしまいますが、写真を撮影したあと少し動く形になりません?これLIVE機能というのですが、あれをしてしまうと2つ撮影したデータ(普通の写真と少し動いた形の写真データ)ができてしまい、余計に容量が増えてしまいます。

そんな少しだけ動いた形の写真なんていらん!という人は写真アプリの開いたあと、上の真ん中のところをタップしたら普通の写真だけ撮影することができますので。

さいごに

写真の整理をしていて感じることは、ぶれていたり変な写真があったりして何でこんなのがあるの?と思い正直恥ずかしかったです。

えらい先の話になりますが、自分が死ぬ前に恥ずかしいものを残さないようにしなきゃなとある意味終活を少しだけやったようなそんな感じになりました。

これからは定期的にGoogleフォトの中身を見直して確認しやすい量まで写真は減らそうと考えております。

普通の断捨離同様どれもこれもすてられないになってしまう事だってありますけどね…。