シンプルに生きてみませう~シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

人間関係の断捨離は無理してやらなくていい。ゆるーくつながるようにしよう

f:id:aya-haseko:20170203144128p:plain

断捨離をしているとどうしても通ってしまうのが人間関係の断捨離

先日、ようやくではございますがスマートフォンの中にある電話帳の整理をしました。

もともと、そんなに交流関係は広くないのですが実際電話帳やLINEの友だち欄を見てみると全く連絡とっていない人やHN的な名前で登録してあって誰だっけ?な人が多かったです。

私が連絡先を残しておく基準

私が連絡先を残す人としての基準はただ一つ今後も交流したい人です。
極端なこと言うと自分が死んだときお葬式に来てほしい人かな。
と考えるととても少ないのですが、そういった考えで残すか削除するか決めます。

もちろん、今現在何かしらの交流がある人は残します。

2~3年以上連絡とっていない人は削除

以前働いていた時に知り合った人や夜間スクールに行ったときに知り合った人やネットの交流で知り合った人など、その後そこから離れてしばらく経つと用事もないので全く連絡を取らなくなってしまいました。

交換した時は「また会いましょうねー」「また飲もうねー」って言っておきながらも結局連絡もないままの状態です。

自分から連絡しても良かったのですが、なかなか勇気が出ず結局1年がたち、2年がたち。連絡先だけそのままに。

ライフスタイルが変わると人間関係も変わるのだろうなと感じるようになり、今後自分から会いたいなーという気持ちが無い人については電話帳から削除しました。

まぁ、もし何かあったら向こうから連絡がくるのでその時はきちんと返そうと思います。

昨年、格安SIMに変えてメールアドレスはなくなってしまいましたが電話番号は変わっていないので繋がることは繋がりますしね。

ある程度つながりは残しておいたほうがいい

ただし、自分の基準を満たしてなくこの人はどうしようかなと迷う人はとりあえず今年は残しています。

残している人については、自分の人生の中で一番仲良かった人だったり辛かったときに助けてくれた人だったりする人です。
年賀状や年賀メールなど年1回しか交流していないのですが、結婚や仕事が忙しく時間が合わなかったりするので、本当は会いたい気持ちもあるのですが難しい場合は何となく自分の近況を書く形にしています。落ち着くことができたら会えばいいしねと思っています。

ただどうしても、この人と付き合っても自分の中でメリットがないというか悪いほうに巻き込まれるなと思ったら、来年また見直しをして削除しようかどうしようか考えています。

私的には、断捨離をしているからといってバサバサ人間関係を切っていく必要はないと思います。

何かしらお世話になった人だったり恩師だったりする人はさすがに切れないです。そういった人はさっき書いたように年賀状を使うなどしてゆるくつながることも大切なのではないでしょうか。

今は年賀状よりもメールやLINE、Facebookが主流になっていますが…。

まとめ

今後は1年に1回は人間関係の断捨離というよりは見直しをしていこうかなと思います。

自分の中で残す基準は今後もお付き合いしたい人という形ではあります。

けれども、どうしても迷う場合は無理して切る必要はありません。
また昔見たく皆で楽しく過ごしたい時だってあるのでそういった場合はこれまで通りゆるーいつながりを保っておけばいいのです。

私はどちらかというと断捨離される立場の方が多いかもしれませんが、逆に自分とつながっている人とはそれこそ濃い関係を保つようにしています。