シンプルに生きてみませう~シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

進路選択に「フリーター」っていうのもありかもよ

f:id:aya-haseko:20160613225926j:plain

だいたい皆さん、学校卒業したら「進学」もしくは「就職」を選ぶでしょう。

でも、フリーターを選ぶ人ってあまりいないですよね。

選ぶにしても就職先が無いからとか受験に失敗したので仕方なくフリーターしてます。という人が多いかも…。

ただ、進路選択の中で「進学」と「就職」しか選べないのって嫌じゃありません。「フリーター」というのもありにしてほしいです。

 

 フリーターの定義

フリーターは、日本で正社員正職員以外の就労形態(契約社員契約職員派遣社員アルバイトパートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。学校卒業後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。和製の造語(「フリーランス・アルバイター」の略称)である。フリーアルバイターとも言われる。

wikipediaより

 という意味なんですよ。なのでそういう事であれば私も今派遣で働いているのでフリーターになります。

フリーターがなぜダメなのか?

  • 安定した賃金・保険が無い
  • 昇給が無いので仕事のスキルアップができない
  • 何かと信用度が落ちる

まず一番思い浮かぶのはお金ですよね。以前も書いたのですが保険は厚いし、賞与も出るし、責任のある仕事も任せられるし、会社に貢献していくほど信頼もお金も上がっていきます。生涯賃金も億単位だし。
あとは、マンション購入など大きな買い物をする際ローンを組むと思いますが、正社員は確実に受かります。やはり社員というのは信頼度が高いんですよね。

一方、フリーターは保険がほとんどないし、日々同じルーティンワーク、社員並みの仕事しているのに給与は変わらず。もしくは寸志程度。お金少ないからマンションなど大きな買い物は難しいでしょうね。

 参考記事はこちら

 

aya-haseko.hateblo.jp

フリーターのいいところ

私は、学校出て1年バイトしてその後5年ほど正社員してまたフリーターしていますので、フリーター歴は合計7年かな。

確かにいろいろ厳しいのですが、でもいいことだってあるのです。例えば

  • 責任の重い仕事を任されないのでストレスがあまりない
  • 残業などあまりせずに帰れる
  • 飲み会などは強制参加ではない

もちろん、働いている会社によるので一概に言えませんが…。
バイトとか派遣って、会社で人が足りないから雇っているので、どちらかというと雑用の仕事をやる形でしょうね。
だからどちらかというと責任ある仕事は社員さんに任せて、私らフリーターは補佐みたいな感じで仕事やっているでしょう。
そんでもって、さっさと定時に帰ればいいのです。社員はなかなか定時に終わるの大変でしょうが、フリーターであればさっさと帰れると思いますよ。
あと、学校で言う放課後=居酒屋で飲み会。
社員は余程の用事が無い限り、強制参加です。参加しないと次の日浮いてしまいます。
でも、フリーターであれば無理して参加しなくてもいいのです。なぜ苦手な人と仕事終わっても付き合わないといけないのだろうorzとなって神経すり減らしますよ。

「ブラック企業に就職」するくらいなら「大手企業で派遣」するほうがいいかもよ

就職が決まらないと焦ってしまい結局ご縁がありブラック企業に就職した場合、朝から晩まで働かされ、癖のある上司に怒鳴られ、成果主義もあって、結局精神的に不安定になって辞めてしまうと思います。給与を時給で換算したらバイト以下の単価(;'∀')

しかし、大手企業に派遣で働いたとき、そこで働いている人たちは良い人たちばかりで、時間も9時ー17時。一部合わない人もいるけれど、仕事内容も事務的な感じの為そこでパソコンスキルを上げる事ができます。

はたらこねっと はそういったスキルを上げる事ができる求人がたくさん載っています。フリーターの中の派遣求人になってしまいますが結構たくさんありますよ。

進路指導の先生はフリーターの選択肢を考えてほしい

あくまで私の見解ですが、今の進路指導って生徒たちに考える時間を与えず焦って進路を決めている感じがするのです。

とりあえず行ける学校へ適当に決めてしまうと、絶対後悔しますしお金だって約100万ほどパーになりますよ。

そんな無駄な事するくらいなら、フリーターになってもう少し考えたいと言ったほうがいいと思います。
学校に行きたくなったら勉強すればいいです。人生遅くはないです。