シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

MENU

2017年1-3月のドラマが面白かったので4つほど感想を書こうと思います。

こんにちは、Ayaです。

いやー久しぶりにドラマ三昧の日々を送らせていただきましたがこんなに面白いドラマが勢ぞろいしたのは久しぶりじゃないかなと思います。(ちなみに前期は逃げ恥と校閲ガールしかみてません。)

というわけで、今回は私の独断と偏見で一番面白かったドラマを4本あげさせていただきたいと思います。

奪い愛、冬

f:id:aya-haseko:20170325120244j:plain

金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」|テレビ朝日

私が今季一番ハマったドラマはこちらです。

テレビ朝日系で毎週金曜日23:15からやっていたドラマです。

キャストは倉科カナさん、三浦翔平さん、大谷亮平さん、水野美紀さん

脚本は鈴木おさむさん。お笑い作家の人のイメージしかなかったのですがこんなドラマを作るなんてびっくりしました。

恋人の康太からプロポーズされ幸せをかみしめていた主人公光。しかし、突然かつて死ぬほど愛した元カレ信が現れたことで事態が急変。信には蘭という妻がいるのに徐々に光に惹かれていくのです。

あらすじより

いやー見た目は昼ドラ系のドロドロドラマでしょと思ったらたまにキュンキュンするようなシーンがあったり、こんなんあり得ないだろとツッコみたくなるシーンがあったり。さすが鈴木おさむさん。

中でも、水野美紀さんの演技がすごく迫力ありました。旦那を奪い取られそうになる妻を堂々と演じていました。

3話くらいかな、倉科カナさん演じる光と大谷亮平さん演じる信がキスした後に掃除棚から

「ここにいるよ~~~~」バー―――――――――ン

って出てくるシーンがあるのですが、あれびっくりしたのと同時に笑っちまいました。

こんなんありえんやろと。

違うシーンではありますが、こういったところもすごく迫力がありました。

「違わないよ――――――」

しかもこのセリフ別のドラマでも使われていました。月9の「突然ですが明日結婚します」で

カルテット

f:id:aya-haseko:20170325120255j:plain

火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ

TBS系で毎週火曜日22:00からやっていました。

脚本家で有名な坂元裕二さんのオリジナル作品です。

キャストも松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さん、高橋一生さんと豪華なかおぶれで。

ある日4人は偶然出会った。男ふたり女ふたり全員30代。4人は夢が叶わなかった人たちである。人生のピークにたどり着くことなくゆるやかな下り坂の前で立ち止まっている者たちである。

彼らはカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになった。しかし、その偶然には大きな秘密が隠されていた。

はじめにより

もともとこういったコミカルと言っていいのかどうかわからないのですが、内容がどうしてもわかりづらい部分があり敬遠していたのですがこのカルテットは見れば見るほど面白くなってきたドラマであります。

最後、主人公の松たか子さん演じる真紀が実は真紀ではなかったというところがミステリーな感じがしました。

坂元裕二さんていうと、古くてすみませんが東京ラブストーリーのような恋愛ドラマの印象があったのですが、最近はこういったコミカルでミステリアスなものを書くことが増えたなと感じました。

東京タラレバ娘

f:id:aya-haseko:20170325120306j:plain

東京タラレバ娘|日本テレビ

日本テレビ系で毎週水曜日22:00からやっていました。

こちらは東村アキコさん原作のドラマです。

キャストは吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さん、坂口健太郎さん、鈴木亮平さん

あの時ああしていたら、もっとこうしていればというタラレバばかり言っていて女の幸せを逃してしまった3人の恋愛ドラマであります。
がんばっていなかったわけじゃないけど、まだ幸せにたどりつけていないタラレバ3人娘がもがきながらも幸せ探しに突き進む

イントロダクションより

私は原作1巻しか読んでいないのですが、皆さん役と同じスタイルになり気っていました。特にKEY君役の坂口健太郎さんは髪の毛金髪になっていたし。

リアルに自分の事言われている感じがして、グサグサ来てしまうこともしばしば。

しかしながら、原作は3人娘は33歳でドラマは30歳。何というか3歳違うだけでもなぜか違和感感じました。
個人的な意見ではございますが、30歳ならまだ大丈夫な感じするのですが、33歳って崖っぷちなイメージがある感じがしたので設定も原作同様33歳にしたほうがもっと面白かったかなと思いました。

お母さん、娘をやめてもいいですか

f:id:aya-haseko:20170325120322j:plain

お母さん、娘をやめていいですか?|NHK ドラマ10

NHK総合にて毎週金曜日22:00からやっていました。

キャストは波瑠さん、斉藤由貴さん、柳楽優弥さん

娘と母は一番の親友でありまるで恋人のようだった。しかしその蜜月は娘がある男と出会うことで一変していく。
母娘の関係に目を背けた父が最後の希望を託したマイホーム。家族はその中にひそむパンドラの箱を開けてしまう。

あらすじより

このドラマは最終回ギリギリに知ったドラマではじめから一気に見ちゃいました。

どちらかというと考えさせられるドラマの一つでありました。

親の思いと子の考えって違うわけで、親から離れても別に何とかなるんだなと。

最近よく言う母娘で親友みたいな仲あるじゃないですか。あれもやり過ぎはよくないなと思います。

最初のシーンで母が娘のデートを見張っていたところを見た時「ある意味ストーカーじゃね」と思いました。

さいごに:視聴率は気にしない

f:id:aya-haseko:20170325120644p:plain

最近のドラマって視聴率1桁のやつが多くてよくネットで過去最低とか言われたりするじゃないですか。

けれども、今は皆さん夜遅くまで仕事したりなどでなかなかリアルタイムでドラマ見れる状態じゃないですよ。

今は1週間限定ですが各テレビ局で無料配信などもやっているのでそこから見てる人が多いわけでそういった部分が視聴率に反映されていないので低いのは当たり前ではないでしょうか。

視聴率が悪くても内容が良ければそれでいいんじゃないかと私的には思いますけどね。

4月からのドラマも楽しみにしたいと思います。

参考記事

www.aya-simplelife.com