シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

MENU

車いすで飛行機に乗る際注意したほうがいい事とルールを守って乗ってほしい理由

f:id:aya-haseko:20170701114052j:plain

今回問題になっている車いすでLCC(バニラエア)に搭乗する際、タラップで車いすを持ち上げるのは危険なので職員が搭乗拒否した問題。

私も旅行好きで飛行機もたまに乗るのですが、あまりこういったお手伝い必要な身体障がい者の人と鉢合わせになる事がないのですが、私なりに気になる事があったのでこれから注意したほうがいい事なども合わせて書かせていただきます。

内容の記事はこちらです。

全文表示 | バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議に : J-CASTニュース

バニラエアの車いす問題について感じた事

当事者の木島さんは事前連絡を行わず帰りの飛行機に乗る際、車いすを持ち上げてタラップを上がるのは危険ということで職員に搭乗拒否されたため、誰の力も借りず腕の力だけでタラップを上がったとのことで問題になりました。

このことがきっかけで奄美空港もアシストストレッチャーを取り入れたとのことです。

f:id:aya-haseko:20170701113522p:plain

写真はANAのサイトより

確かに木島さんの行動は間違っていないし、空港のバリアフリーを見直す一つのきっかけになったと思いますが、企業や他のお客様の事を考えると言い方悪いかもしれませんがわがままだなと思いました。

一人のこういった行動が他のお客様の迷惑になり最悪その後の便が欠航となったらこの人は責任取れるのだろうかと疑問に思いました。

障がいを抱えている人が大変なのは十分わかります。けれども、事前連絡をきちんとしておけばある程度のトラブルも防げたのではないかと思います。

手続が面倒な気持ちもわからなくはないのですが、ルール守れない人は乗るな!と言いたいです。

身体が不自由な人が飛行機に乗るときはまず航空会社に確認をする

面倒なことかもしれませんがこれは必須です。

各航空会社、もしくは旅行代理店に確認を入れてください。

各会社のサイトはこちらです。主要な所だけですが…

お手伝いが必要なお客様|ご利用ガイド | バニラエア Vanilla Air - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

お身体が不自由なお客様 | Peach Aviation

[おからだの不自由なかたへの空の旅へのお手伝い]歩行の不自由なお客様へ|ANA

JAL - 歩行が不自由なお客さま(JALプライオリティ・ゲストサポート)

大体は4~5営業日までに必要な書類をFAXで送ってくださいというところがほとんどです。
あとは付き添いの人一人は必ず必要とのこと。

なぜかというと、事前にそのことがわかっていれば航空会社側もその為の人員確保や専用の機器(先ほど書いたアシストストレッチャーなど)を用意するなどスムーズに対応できるからです。

特に今回問題になったバニラエアやPeachなどのLCCは定時運航が必須です。
LCCは機体が少ない反面時間をやりくりして各地に飛行機を飛ばしています。

恐らくこれが理由で数分の遅延はあったかもしれません。次の便があった場合はそのお客様にも迷惑がかかってしまいます。

ルールを守って楽しい旅を

f:id:aya-haseko:20170701114341j:plain

今回の騒動をきっかけに、体の不自由な人が飛行機に乗る際は、まず事前に必要な手続を確認してほしいです。

航空会社に勤めている人もイレギュラー対応に合わせてそれなりの訓練は積んでいると思います。

けれども、こう毎度毎度トラブル続きだと彼らもすごく大変だと思います。体の不自由な人ではないけどTVでグランドスタッフ(地上職員)の特集見ていると大変そうな感じがするので。

ルールを守る事によってお互い気持ちよく仕事ができたり旅をすることができるものなのではないかなと私的には感じます。