シンプルに生きてみませう

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

人は中身でしょという人は要注意。やっぱ見た目が一番だよ。

f:id:aya-haseko:20170208110807j:plain

クリスマスはクリぼっちだった。

でも今年は彼氏彼女が欲しい!

願わくばバレンタインチョコ欲しい!!

そう思っている人もたくさんいるわけであります。

やっぱり男も女もキレイな人が好き

さて、男性の皆さんに質問です。

f:id:aya-haseko:20170208110952p:image 

上記の二人ですがあなたならどちらを選びますか?

左のメガネ女子は、料理や家事はきちんとできるけど見た目がイマイチ。
髪はボサボサ、ノーメイク。服もヨレヨレのTシャツにジーパンというスタイルが多い。

右の茶髪女子は、料理や家事は全くできないけど見た目にはこだわる。
髪も毎日トリートメント。メイクバッチリ。服も男子受けする物を選んでいます。

ま、大体皆さん選ぶのは茶髪女子ですよね。
家事や料理なんて結婚してから覚えるという人だっているのですから。

メガネ女子はせっかく良いスペックを持っているのに見た目で判断されてしまうなんてすごくもったいないですよね。

中身が大事だと思っていても、第一印象はやはりその人の見た目で判断するのがほとんどです。

私だって、かっこいいスーツ着ている男性を見るとときめいちゃいますからね。

見た目をきれいにするにはどうしたらいいのか?

髪も服もメイクもおしゃれの仕方なんてわからない。という人は多いですよね。

まぁ、まずは以下の事をやってみてはいかがでしょうか。

本やネットで調べる

本屋さんに行けばまず可愛いメイクの仕方とか服のコーディネート法とかいっぱいありますから。

雑誌でもいいですが何というか限定的な感じがして物足りないので、本当に初心者並みにわからないという人はマニュアル本を見たほうがいいです。

マニュアル本の方が、基本的なメイクの方法や服の着こなし方など書いていますのでまずはそれを見ながら練習していきましょう。

ただ、そういった本だって1000円ほどかかるからもったいないという人はネットで調べましょう。

ネットの内容であれば本当に基本的な事がかいてあるので。例えばこのサイトとか一番わかりやすく書いているのではないでしょうか。

hadalove.jp

プロに聞く

自分でやってみたけど何か上手くいかないなという人は、プロがやっている講座に参加してみてはどうでしょうか。

ただ、個人でやってお金を払う講座よりも何かしらオプションでついている講座(例えば就職活動が主催しているイベントのオプションでやっているような就職活動に絶対勝つメイク講座みたいなやつ)に参加するほうがいいです。
その方が敷居が低いですし何よりも安いからです。
それにメイクや美容など専門の所でやる場合、最初は無料だったのに後からそこでやっている化粧品やプロ講座みたいなのを押し付けられる場合もありますので。

髪の毛のプロというとやはり美容院ですよね。

口コミでもいいのですが、手っ取り早いのはやはりホットペッパービューティー みたいなポータルサイトで探すのがいいでしょう。

で、美容院選ぶにしてもお金かけてもいいので自分の悩みを解消できる美容院を探したほうがいいです。

私はくせ毛でまとまらずきれいにできるほうではないのですが、くせ毛専門に扱っている美容院に変えたら、ある程度まとまるようになりました。

服のコーディネートは難しいところではありますが、一番手っ取り早いのはおしゃれな友人に相談することですが、身近にそういう人がいない場合は最近おしゃれに詳しいスタイリストさんに相談するサービスもありますので利用してみてはいかがでしょうか。

ほとんどがメンズ専門になってしまいますが、こちらの【Dinate(ディネイト)】 さんは第一線で活躍しているプロのスタイリストさんが、お客様の要望に合わせてきちんとコーディネートしてくれます。女性向けももちろんあります。

お値段は少々かかりますが、それでも相手にいい印象を持ちたいというのであれば文句ないと思います。

まとめ

実は私も20代の遊び盛りの時は見た目よりも中身!と考えていたのですが、ある日のこと服がダサいなど指摘を受けまくられてしまいようやく重い腰を上げて身だしなみを調えるようになったわけであります(^^;

けれども、やはり恋人が欲しいという人はそれなりの身だしなみというかおしゃれは大事です。中身が大事でも外見がイマイチな人ってやっぱり振り向いてくれませんからね。

わからなければ、自分で調べたり人に相談するなりして努力してみましょう。若いうちにそれに気づくことができればチャンスです。

余談ですが、私はずっとこのメガネ女子の考えでいました。