シンプルに生きてみませう~シンプルライフを目指すあやさんのブログ

断捨離をきっかけに人生が変わろうとする私のひとりごと。ミニマム生活を目指しています。

シンプルに生きてみませう

MENU

チャリティーの誤解。ファンドレイザーという人たちがお金を集めていた。

f:id:aya-haseko:20170828231311j:plain

Ayaです。

毎年この時期にやっている24時間テレビ

今年もある意味盛り上がっているみたいですね。

私は見なかったのですが、マラソンランナーが当日発表されブルゾンちえみさんが選ばれ見事に完走したみたいですな。

私が24時間テレビを見なくなった一つとしては、内容が面白くなくなったのともう一つお金の噂が理由でした。

本来こういったチャリティーイベントというのは出演者はノーギャラが当たり前というのが私含め世間の人は考えていると思いますが、24時間テレビに関しては出演者に対して謝礼金という形でいくらかお金が出ているというコトで(それも世間的に見たら高額でウン百万円)正直それっておかしくないか?と思うようになりそれからはほとんど見なくなってしまいました。

ところが昨日なんとなくTwitter眺めていたらこんな記事を見つけてしまい読み進めてみるとなんと海外では寄付を集めるファンドレイザーという職業があるみたいです。

hatebu.me

ファンドレイザーとは?

ファンドレイジング(Fundraising)とは、民間非営利団体(Non-Profit Organizations:日本では公益法人、特定非営利活動法人、大学法人、社会福祉法人などを含む)が、活動のための資金を個人、法人、政府などから集める行為の総称。主に民間非営利組織の資金集めについて使われる用語であるが、投資家や民間企業に関連する資金集めに使われる場合もある。

Wikipediaより

ということであるが、要は非営利団体に資金を集める行為をする人の事をファンドレイザーと言う。仕事の一種なのでもちろんお金という対価だってもらえます。

日本ではあまり聞きなれない言葉ではあるが、海外ではすでに認知してくる国もあったりして、私たちになじみのあるボランティアな事をしている人もいれば今回紹介したファンドレイザーもいます。

なので、よく言われている海外のチャリティーはノーギャラだというのはある意味誤解だったのかなと感じました。

今回の24時間テレビに例えると、武道館で様々なイベントしたりマラソンしている人は皆ファンドレイザーになるということなのです。

ジャニーズがメインパーソナリティーをやって、今旬の女優さんがアシスタントして色々なアイドルが武道館に集結したらファンの人たちは皆募金にやってくるのは当たり前。そんな感じで募金が集まってくるという仕組み。

それを考えた日テレさんはよう考えたなと思います。

さいごに

 

私自身も今回の記事を読んで、24時間テレビで募金を集めるために頑張っている人がいるんだなと感じました。

しかし世の中の人たちは福祉に関わるチャリティーというのはノーギャラでやれ!と言う固い考えをもってしまうからこそそういった誤解が生まれてしまうのかなと思いました。

24時間テレビの番組としては今後も見るつもりはないけど、集めた募金を様々なところで寄付するなどしっかりした活動も行っているみたいです。

www.24hourtv.or.jp

番組の24時間テレビではあまり取り上げられないのですが、こういった見えない活動を行っていることはもっと知ってほしいなと思いました。

ちなみに去年も24時間テレビについて書いています。

24時間テレビが今現在も続いている理由を勝手に考えた - シンプルに生きてみませう~シンプルライフを目指すあやさんのブログ